爪水虫

爪水虫の治療法や病院に頼らない自分で直す方法 

クリアネイルショット

爪水虫 治療の期間は

      2017/02/09


爪水虫の治療にかかる期間は、早くても3ヵ月~半年ぐらいはひつようになり、症状の酷い方については、1年以上の治療期間は必要になります。

爪の中やその周りの皮膚に繁殖した白癬菌は、そう簡単には無くならないということですよね。

爪水虫の場合は、足の水虫と違って、痛いとかかゆいなどの症状はありませんので、途中でやめてしまう人が多いのですが、完治するまで続けないと、数か月から数年で再発してしまいますので、気長に治療を続けていってくださいね。

爪水虫専用ジェル/『クリアネイルショット』

これだったら、風呂上がりに毎日塗るだけなので、毎日してても負担にはなりませんよ。

ただし、清潔にすることがとても大切なので、毎日お風呂に入らないといけないですけどね。

 

 

 - 爪水虫 治療法 , ,