爪水虫

爪水虫の治療法や病院に頼らない自分で直す方法 

クリアネイルショット

爪水虫は治りかけが大切

      2017/07/31


20150305_1034046

 

爪水虫の治療で一番注意が必要なのが、治りかけの時に途中で治療を止めない事ですよね。

薬などを使って治していくと、今までくすんでいた爪が綺麗なハリのある状態にもどってきます。そんな状態を見て、完治したと勝手に判断して治療を途中でやめてしまう人がとても多いのです。

病院に通院している場合は、検査をして完全に水虫菌が無くなるを確認できるまでは完治とは言われないのですが、自分で治している方は、どこが完治かわかりにくいので、見た目が綺麗になったら、安心して途中でやめてしまうわけです。

 

 

爪水虫が再発する理由

時間をかけて治療し、白癬菌(爪水虫菌)がなくなっても、残った少しの白癬菌が繁殖し、すぐに再発して次第に元の状態に戻ってしまうのです。

そうなることを防止する為にも、治ったように見えた後も、最低3ヵ月以上は治療をやめないようにしましょう。

『クリアネイルショット』などを使っている場合は、爪を削ったりする必要もないので、爪のお手入れをしているつもりで、塗り続けてもそこまで手間になりませんからね。

 - 爪水虫 治りかけ , ,