爪水虫

爪水虫の治療法や病院に頼らない自分で直す方法 

クリアネイルショット

爪水虫を自分で治す最新情報

   


水虫5

 

一昔前は、爪水虫を自分で治すなんて、完治を遅らせる可能性が高すぎる為、絶対にやめたほうが良いと言われてましたよね。

市販薬で爪水虫を治そうとすると、爪の中に薬を浸透させるために、爪を薄く削って薬を塗るなどの力技を使うのが一般的になるなど、かなり無謀な方法をとっていた方も多かったと思います。

爪を薄く削って薬を塗れば、爪の内部に繁殖している白癬菌に効果はあるのですが、爪水虫は完全完治しないと、少しでも白癬菌が残った状態だと、また再発してしまうので、中途半端な方法で自分で治すのはやめたほうが良いと言われていたわけです。

もちろん今は自分で治す人も増えているので、昔とは状態は違っていますが、病院に行かないなら、最低注意しないといけないことは守るようにしましょう。

 

 

爪水虫は再発しやすいので注意が必要

爪水虫を経験している方なら誰でも知っているはずですが、とても再発しやすいのが爪水虫の特徴ですよね。

爪水虫は白癬菌の繁殖が爪に繁殖する水虫ですので、少しでも菌が残っていれば再発しますよね。そうなると、完全に白癬菌がなくなるまで治療しないと再び再発してしまうのは当然なのです。

そのため、病院に通って飲み薬を併用しても、半年~1年以上の通院を覚悟しないといけない、とても付き合いの長くなる病気なのです。

では、病院に行かずに自分で治す場合は、何を注意しないといけないのかと言うと、病院で白癬菌の検査をする代わりに、見た目が治ったと感じてからも、3ヵ月以上は治療を続ける必要があるのです。

今はジェルをつ目に塗るだけで、回復するような商品も販売されていますので、症状が軽ければ、3ヵ月もすれば爪は綺麗になってしまいますよね。しかし、それは表面が綺麗になっただけで、爪の奥には、まだ白癬菌が潜んでいるわけなのです。

そこで、確実に爪水虫を治すためには、治ったと思ってからも、新しい爪が生えてくるまでの3か月ぐらいは治療を続ける必要があるのです。

そこまでおこなっていれば、菌の有無を確認する検査を行わなくても、安心できるというわけなのです。

 

 

爪水虫を自分で治すには

爪水虫を自分で治す人たちに、今一番人気なのが『クリアネイルショット』です。

これまでは、市販品があまり効果がなかったので、水虫用ではない商品を使って治そうとする豆知識みたいなものも流行っていたのですが、最近では、商品の生産が追い付かないほど需要が高まっているのです。

もちろん、効果を信用できない人もいると思います。そんな方は、自分の信じる酢や重曹などを使った方法や、薬局などで売られている商品を試してから、最後に『クリアネイルショット』を使うと良いと思いますよ。

他の指に感染するリスクは高まりますが、治らない期間が長くなればなるほど、効果の違いには感動できますからね。

 

『クリアネイルショット』

 

 

購入を検討中の方へ

生産が追いついていないことが多いため、購入しようと考えている方については、少しでも早く申し込むことをお勧めします。詳しくは公式ページを確認してみてくださいね。

 

クリアネイルショット

 

 

 - 爪水虫 治し方 , ,