爪水虫

爪水虫の治療法や病院に頼らない自分で直す方法 

爪水虫は家族の敵


あし

 

普段は温泉などの共同施設に行かない限り、水虫が移ることはあまりないのですが、水虫に感染した家族がいる場合は、家中が白癬菌(はくせんきん)の恐怖の場所となってしまいます。

昔と違って自宅での対処法はありますので、家族の距離が離れてしまわないように、一日でも早く治療することをおすすめします。

 

 

爪水虫とは

爪水虫とは、爪が白癬菌に感染してしまう状態です。普通の足の水虫と違うところは、爪に神経がないため、自覚症状がないことや、治療に時間かかってしまうところにあります。

透明で健康だった爪が、白く濁っていたり、ボロボロになってしまっているのであれば、白癬菌に感染している可能性もありますので、すぐに病院に行って検査を受けてみるか、可能性があるのならとりあえず治療してみるぐらいの気持ちで、早めに動くことが、早く治るためにも、周りに迷惑をかけないためにもとても大切ですよね。

爪水虫

 

 

爪水虫の症状とは

・爪が濁って厚くなる

元気な爪と違い、白癬菌に感染した爪は、白く濁っていたり、爪が厚くなってしまいます。ほかの爪と比べて、少しでも違和感を感じるのであれば、爪水虫を疑ってみてください。

 

・爪の周りに炎症が

爪には神経がないため、かゆくなったり痛くなることはありませんが、爪水虫の影響で、爪の周りが炎症を起こしてしまうことがあります。靴を履いているときに爪のあたりに痛みを感じる場合は、爪水虫を疑ってみてください。

 

爪水虫は感染する?

白癬菌は感染力が強い菌ではありませんので、空気感染などはなく、簡単に周りの人に移ることはありませんが、爪水虫の場合は、小さく砕けた爪の粉末が、歩くたびに部屋中に広がり、洗い流しにくい爪の間や皮膚の隙間にはいって感染してしまうケースがあります。そのため、家族に爪水虫の方がいる場合は、すぐにでも治療を勧めなければ、症状が酷くなればなるほど感染する可能性は高くなります。

感染

 

爪水虫の治療法とは

病院に診察に行くと、爪の一部を採取して、顕微鏡で白癬菌の確認をします。その後、内服薬と外用剤での治療を進めていくことが基本的な流れとなっています。しかし、最近ではレーザーによる治療も増えてきていますので、レーザー治療を希望する場合は、事前に治療できる施設を確認するのを忘れないでくださいね。

815

 

自宅で出来る治療法がある

内服薬での治療は、肝機能障害や胃腸障害などの副作用の可能性があり、外用剤だけでは爪の中の白癬菌を全滅させるのは困難なため、長期間病院に通うのと嫌い、自宅での治療を行う人が多いのが爪水虫感染者の特徴ともいえます。最近はレーザー治療を希望する人は増えていますが、保険適用外であることや、近所にレーザー治療を行える施設がないことからも、結局自宅での治療を希望することになりやすいのです。

その場合、抗生物質が処方されませんので、塗り薬のみの治療となり、爪を削って少しでも爪の中まで薬が浸透するような方法が一般的でしたが、現在では爪の中まで浸透するジェルが登場したことで、病院に行くより自宅で治した方が安全で安いと感じる人も増えてきているようです。

さらに、周りの人に秘密で治療できることも、自宅での治療を望む人が多い理由ともいえますよね。

 

治療の期間は

爪水虫の治療の期間は、症状にもよりますが、半年~1年以上というのが一般的な治療期間となっています。症状が改選されたと思って途中で治療を辞めてしまうと、爪の奥に少しでも白癬菌が残っていれば、そこから増殖して、数か月で元の状態に戻ってしまうので、完全に治ったと感じてからも、一か月以上は治療を続けるようにするか、病院に行って爪の検査をして、完治と診断されるまでは続けるようにしてくださいね。

 

自宅で治療するには

別の方の体験談を見たいい場合は、公式ページにも載っていますので、使った感想を見てみるといいと思います。

また、すぐに効果は出ると思いますが、もし効果がないと感じるなら、全額返金保証も準備されていますので、無償で試してみるつもりで安心して治療を始めてみてくださいね。

 

クリアネイルショット

 

早い段階で、見た目には違和感が無くなってくることが多いので、周りの人にバレてしまう心配をせずに治療を続けられるのはいいですよね。

水虫に感染した家族と暮らしていた立場からすると、一日でも早く完治してくれることは、とても嬉しいことですので、周りで感染に怯える家族のためにも、最後まで丁寧に治療を続け、一日でも早く元気でキレイな爪を取り戻すことをお祈りしています。

 

 

公開日: